2007年02月11日

アクセス(ACCCESS):お店の行き方

「BISTRO  MHOLL 」(ビストロ モール)

map_s.jpg
ULA恵比寿(裏恵比寿・ウラ恵比寿・ウラエビ)にあります。

 

【広尾駅からの行き方:9分】

A2番出口を出ると外苑西通りがあります。

外苑西どおりを右に曲がるとすぐ右側に広尾商店街があります。

広尾商店街に入り突き当たりまでいくとお寺(禅雲寺)があるので左に曲がってください。

途中300メートルくらい進み、信号(明治通りとぶつかる通り)も直進してください。

ゆるいのぼり坂を上り、一つ目の信号を右折ください。

(骨董屋さん)すぐ20メートルほど歩きますと右側にお店があります。


広尾駅からのアクセスをメールに送信する場合はこちらへ


【恵比寿駅からの行き方:14分】

恵比寿駅東口下車後エスカレータを下ります。

ロータリーにぶつかりますからそのまま坂をくだります。

みずほ銀行にぶつかる五差路を斜め右に曲がって直進してください。
信号を二つ目のところに郵便局がありますので左折してください。

その後一つ目の信号を右手にまがっていただきます。

すぐ右手にローソンストア100がある通りを

100メートルほど直線していただきますと左手にお店があります。

(左手に公園を越えたすぐ先で、信号にぶつかる手前にあります。)


恵比寿からのアクセスをメールに送信する場合はこちらへ


※近くにコインパーキングがいくつかあります。

(たずねて頂ければ、一番お安い場所をお伝えします。)



posted by mholl at 22:42| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ■ACCESS(アクセス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

brunch(ブランチ)土日祝日用@裏恵比寿MHOLL(モール)

brunch(ブランチメニュー)です。
昼食兼用の遅い朝食にど〜ぞ!
土日祝日:12時―15時


BRUNCH MENU 

A:プレーンオムレツ    ¥1,000 -
 *サラダ、ポテトフライ
 *ハム、ベーコン、ソーセージのソテー(いずれか一つお選びください)
 *パン

B:ハンバーグ     ¥1,700 -
 *サラダ、ポテトフライ
 *ピクルス、ベーコン
 *スープ
C:リブステーキ    ¥1,800 -
 *サラダ、ポテトフライ
 *ポタージュ
 *パン
D:カレーライスMHOLL風    ¥1,500 -
 *サラダ、ピクルス
 *スープ

 ※ 全て デザートorコーヒーが付きます。 
   ( デザートandコーヒー : プラス¥200- )

DRINK
 *ワイン   ¥500〜
 *生ビール   ¥500 -
 *エビアン(1L)  ¥1,000 -
 *サンペレグリーノ ¥800 -
 *エスプレッソ   ¥400 -


ちなみにブランチは、「breakfast」と「lunch」との合成語です!
休日はのんびり散歩がてらにおいでください♪

 
posted by mholl at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■MENU(メニュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lunch(平日ランチ)@裏恵比寿MHOLL(モール)

Lunch MENU 
WEEKDAY:12時〜14時

A:黒豆と豚肉の煮込み ブラジル風    ¥1,000 -
         *ガーリックライス添え
         *サラダ
B:MHOLLランチ                       ¥1,000 -
         *本日の一品
         *パン
C:ステーキとポテトフライ             ¥1,500 -
         *パン・スープ
         *サラダ
DカレーライスMHOLL風            ¥1,000 -
         *サラダ、ピクルス

 ※ 全て デザートorコーヒーが付きます。 
   ( デザートandコーヒー : +\200- )

 
 

DRINK
         *ワイン                ¥500〜
         *生ビール            ¥500 -
         *エビアン(1L)       ¥1,000 -
         *サンペレグリーノ    ¥800 -

 


【意外な食材!】
ランチには、ちょっとした「遊び」があります!
意外な食材を使ってみたり、
常に「おいしい食」を追及してますので、
興味のある方はお店でお尋ねください!

posted by mholl at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■MENU(メニュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

『日経おとなのOFF』07年3月号

掲載履歴
otona00.jpg
otona03.jpg
otona01.jpg 
otona02.jpg

『日経おとなのOFF』:07年3月号(2/6発売)
発行:日経ホーム出版社
「『おひとり様』歓迎の名料理店part3」に掲載

 
posted by mholl at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■PUBLICITY(記事掲載) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

飲み物(ドリンク)@裏恵比寿MHOLL(モール)

【COCKTAILS】
■Kir Royal / キールロワイヤル ¥1,000-
■Mimosa / ミモザ ¥1,000-
■Kir / キール ¥800-
■Gin Tonic / ジン トニック ¥900-
■Vodka Tonic / ウォッカ トニック ¥900-

【APERIRIFS】
■Dubonnet / デュボネ ¥800-
■Pernod / ペルノー ¥800-
■Nailly Dry / ノイリー ドライ ¥800-
■Tio Pepe / ティオ  ペペ ¥900-
■Campari / カンパリ ¥900-

【Bieres】
■Kirin rager Draft / キリンラガー ¥600-
■Grolsh / グロールシュ ¥1,000-
■Corona / コロナ ¥800-
■Guinness(EXTRA STOUT) / ギネス¥800-

【BOISSONS(NON ALCOOLISÉES)】
■Jus d’Orange / オレンジジュース ¥700-
■Jus de Pamplemouse / グレープフルーツジュース ¥700-
■Evian(1,000ml) / エビアン ¥1,000-
■Perrier(750ml) / ペリエ ¥800-
■San Pellegrino(750ml) / サンペレグリノ ¥800-
■Ginger - Ale(WILKINSON) / ジンジャーエール ¥400-

【Café & THÉ】
■Café / コーヒー ¥600-
■Expresso / エスプレッソ ¥500-
■Café au lait / カフェ オ・レ ¥600-
■Cappuccino / カプチーノ ¥600-

※コーヒー豆は、「LAVAZZA(ラバッツア)」社のTOP CLASS(GRAN GUSTO:トップ・クラス:専門店向けブレンド)を使用してます。エスプレッソの本場イタリアで圧倒的な支持をうけている豆です。

■Darjeeling / ダージリン ¥600-
■Earl Gray / アールグレイ ¥600-
■Infusion / ハーブティ ¥600-

 
posted by mholl at 20:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■MENU(メニュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

お酒(ワイン)@裏恵比寿MHOLL(モール)

【Sparkling】
■GEORGES BLANC / BLANC DE BLANCS 《NV》1,000 / 3,600
ジョルジュ・ブラン / ブラン・ド・ブラン(新鮮さが心地よいスパークリング)
25年間に渡りミシュラン三ツ星に輝くスーパーシェフ「ジョルジュ・ブラン」氏が
プロデュースするヴァン・ムス。優しい果実味とキレ味のいい味わいはアペリティフに最適。

■JEAN-LOUIS BALLARIN / Cuvée Royale Brut 《NV》4,500
ジャン・ルイ・バララン / キュヴェ・ロワイヤル・ブリュット(爽やかで軽快な辛口スパークリング)
銘醸地で名高いボルドーで造られたクレマン。青りんごを感じさせるさっぱりとした
辛口で清涼感ある口当たり。シャンパーニュに引けをとらぬ余韻も楽しめます。

■Jacques De france / Brut Rosé 《NV》9,600
ジャック・ドゥ  フランス / ブリュット・ロゼ(まろやかな辛口スパークリング)
ピノ・ノワール100%使用。ルイ14世が愛飲した当時のベルサイユ宮殿御用達の「ロゼ・ドリセイ」をブレンド。
赤い果実の香りに満ちた円やかで飲み応えのあるロゼ・シャンパーニュ。

【Blanc】
■MAS APLIN / Le Ciel Blanc Vin de Pays d’0c 《NV》500 / 1,500
マス・アプラン / ル・シエル(新鮮さが心地よい辛口)
ル・シエル(空)は南仏の豊かな気候を表現したワイン。柑橘系のフレッシュな香りが
口いっぱいに広がり、丸みのある酸味とやさしい喉越しはデイリーにぴったり。

■JEAN - CLAUDE MAS / VIOGNIER Vin de Pays d’0c 《2005》3,200
ジャン・クロード・マス / ヴィオニエ(まろやかで果実風味あふれる辛口)
南仏のヴィオニエらしい白桃や洋梨のような瑞々しい果実味が特徴。
一部オーク樽発酵させているためほのかなヴァニラ香が全体のコクや旨味をバランス良くまとめてます。

■CHÂTEAU TOUR de MIRAMBEAU Blanc  《2004》3,600
シャトー・トゥール・ド・ミランボー・ブラン(キリッと引き締まった辛口)
今一番勢いのあるデスパーニュ家の看板シャトーのひとつ。
フレッシュなシトラスの香りがあり、キリッとして爽やかな白。
フィニッシュは長くなめらか。

■( Francine et Olivier ) SAVARY / Chablis 《2004》 5,400
ドメーヌ・サヴァリ / シャブリ(新鮮さが心地よい辛口) 
シャブリ最高の造り手「ラブノー」が太鼓判を押すACシャブリがこのワイン。
ミネラリーな味わいの中にもキレイな果実味を持つ素性の良さを持っています。

■MORET  ~ NOMINÉ / BOURGOGNE CHARDONNAY 《2004》6,200
モレ・ノミネ / ブルゴーニュ・シャルドネ(新鮮さが心地よい辛口) ビオディナミ
シャサーニュ村最高の造り手「ミシェル・ニーロン」の一番弟子、ラモネやメオ・カミュゼにも
ワイン造りを学んだ新鋭。ソフトなアロマが心地よく、フルーティながらエレガントな樽香も。

■Domaine Thibert ( Pére et Fils ) / POULLY - FUISSÉ 《2005》7,800
ドメーヌ・ティベール / プイィ・フュイッセ(力強くまろやかな辛口)※リュット・レゾネ
今やマコンで一番期待されている若手醸造家クリストフ・ティベール氏が造るシャルドネ。
コート・ドールの銘醸に引けをとらぬ素晴らしい凝縮感を持つと評判です。


【Rouge】
■MAS APLIN / Le Ciel Rouge Vin de Pays d’0c 《NV》500 / 1,500
マス・アプラン / ル・シエル(ライトミディアムボディ)
ル・シエル(空)は南仏の豊かな気候を表現したワイン。フルーティーなアロマと
豊かな果実の味わい。 軽快な口当たりが心地よくカジュアルシーンにぴったり。

■(VIGNERONS) TROIS TERROIRS / Vin de Pays d’0c Cabernet Sauvignon 2,800
ヴィニュロン・トロワ・テロワール / カベルネ・ソーヴィニヨン(ミディアムボディ)
プラム、ブラックベリー、カシスの香り。タンニンと熟した果実味が上質なバランスを見せています。
 ステンレスタンクによる熟成のため活き活きとしたクリーンな味わい。

■Château  Les  Vallées / CHÂTEAU  LES  VALLÉES 《2003》3,300
シャトー・レ・ヴァレー(ミディアムフルボディ)  ME 60%、CS : CF 40%
旬の醸造家「ステファン・ドゥルンノンクール」コンサルタント深みのあるルビー色。
チェリーやプラムを思わせる果実の心地よい香り。
まろやかな口当たりで穏やかなタンニンのバランスの良いワイン。※有機ぶどう

■Santa Duc / LES PLANS Vin de Pays de Vaucluse 《2004》3,300
サンタ・デュック / レ・プラン(ミディアムフルボディ)
ジゴンダスのスーパースター「イヴ・グラ」氏が造るカリテ・プリな赤。樹齢50年の若々しい色合と風味。
適度のタンニンと甘みを感じる果実味がgood。グルナッシュ80%、メルロー10%、サンソームールヴェドル10%

■Jean - Philippe MARCHAND / Bourgogne Hautes Côtes de Nuits Rouge 《2002》4,500
ジャン・フィリップ・マルシャン / ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ・ルージュ(ミディアム)
ジゴンダスのスーパースター「イヴ・グラ」氏が造るカリテ・プリな赤。
樹齢50年の若々しい色合と風味。適度のタンニンと甘みを感じる果実味がgood。

■Hervé CHARLPIN / MARSANNAY“ Clos du Roy” 《2004》5,400
エルヴェ・シャルロパン / マルサネ “クロ・デュ・ロワ”(ミディアムボディ)
98年に元詰めを始めたばかりの生産者ながら、フランス国内ではリリース後、即完売する程の人気ドメーヌ。
まろやかで、暖かみのある凝縮されたピノ・ノワール。※リュット・レゾネ

■CHÂTEAU GRIVIÈRE 《1999》6,000
シャトー・グリヴィエール(フルボディ)ME 58%、CS 33%、CF 9%
17世紀にはすでにワイン造りが行なわれていた歴史の古いシャトーです。
現オーナーの前の所有者はなんと「シャトー・ラフィット・ロートシルト」
深みのある香りで、味わいは柔らかく、余韻も長い。


These wine selections of BISTRO MHOLL & comments are
 supported by Masahiro BESSHO ( WINE & GROCERY  BESSHO).
BISTRO MHOLLのワインセレクト、
各コメントは別所正浩さんによるものです。 

コンセイエ(=conseiller)とは、
フランス語で「助言をする人」という意味。
公的機関・フランス食品振興会(SOPEXA)では、
ワイン市場の広がりを受け1996年から
コンセイエ認定活動を主催し、
「フランスワインの販売に情熱を注ぐ達人」を
選出しています。


そんなフランスワイン・コンセイエに
2002年度認定された別所正浩さんが
「MHOLL(モール)」のワインをセレクトしています。

posted by mholl at 20:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■MENU(メニュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。